大地不動産 > 株式会社大地不動産のスタッフブログ記事一覧 > 事前にチェックしよう!不動産売却の流れ

事前にチェックしよう!不動産売却の流れ

≪ 前へ|不動産買取における6つのメリット   記事一覧   大分の空き家は、「空き家管理サービス」を利用しよう!|次へ ≫

不動産の売却は、人生で何度も経験するものではありません。

そのため売買を思い立っても、何から始めたらよいのかわからないという方も多いことでしょう。

事前に不動産売却の流れを把握しておけば、段取り良く売却活動が進められます。


今回は、不動産売却の流れをご紹介いたします。


売却


不動産売却の流れ


1.まずは売却理由の整理しよう


それまで住んでいた家を売ろうと決めた理由には、転勤や家族構成・経済状況の変化といった様々な事があるでしょう。

売買活動を行う上で、まずはじめに家を売る理由を具体的に整理しておきましょう。


・子供が小学校へ進学する機会に、広い家に買い替えたい→現在より間取りの広い家になるので購入価格は高めになる。資金はどうする?


・定年を機に故郷にUターンしたい→老後の生活資金にも充てたいため、出来るだけ高額で売りたい・・・


等など。

そうすることで、売り出し価格や時期などの条件、新居は賃貸にするか、購入するかといった具体的な買い替えのイメージを持つことが出来ます。


 

2.不動産売却の流れを把握しよう


家を売りに出す理由が整理出来たら、次のステップは流れを把握する事です。


①相場を知る

売ると決めたら、物件周辺の同じような間取りや広さの物件はいくらぐらいで売れているのか、不動産広告やサイトなどで調べてみましょう。

大まかにでも相場を掴んでおくと、その後の売却活動がスムーズになります。


②不動産会社を探す

仲介を依頼するため、信頼できる不動産会社を探しましょう。


③査定を依頼

不動産会社に物件価格の査定を依頼します。

物件価格について多くの意見を聞くために、複数社に査定を依頼しましょう。


④媒介契約を結ぶ

査定を依頼した不動産会社の中で、信頼できると感じた会社に売買の仲介を依頼し、媒介契約を結びます。


⑤売り出し

売り出し価格は売買活動において最も重要なものの一つ。

自分の希望だけでなく、査定価格や市場動向を踏まえたうえで慎重に決定します。


⑥交渉

購入希望者が現れたら、条件の交渉をします。

値下げを求められる場合もありますが、譲れる点・譲れない点を明確にし、交渉を進めましょう。


⑦情報開示

売買締結後のトラブルを防ぐため、物件に不具合や欠陥がある場合は購入希望者に開示しなければなりません。

また、「重要事項説明」に基づく詳細な物件説明を行いますので、不動産会社の物件調査に協力する必要があります。


⑧売買契約を結ぶ

条件が合意したら、買主と売買契約を結びます。

しっかりと売買契約書で契約内容を確認したあと、買主から手付金を受け取ります。


⑨引き渡し

売買代金の受領と登記申請を行い、買主立会いの下物件の最終確認後、晴れて引き渡しとなります。



成立


 

終わりに


これから不動産売却を検討される方に、不動産売却の流れをご紹介しました。


買い替えに伴う売却の場合は、物件を売り出す時期と新たに暮らす新居の購入時期をどのように調整するかも大切なポイントになります。

転勤や転校が理由の場合は新居の物件購入を優先しなければならないでしょう。

あるいは、住み替えの予算に制限がある場合は売却活動を重視して検討する必要があります。


住み替えの事情を十分に踏まえた上で売却活動の計画を立てる事が重要です。

大地不動産では、不動産売却を検討している方に無料で査定を行っています


「査定価格を知りたいけど、近所の人には知られたくない」


という方も、サイトにてご依頼いただければ、誰にも知られることなくご自宅の査定価格を知ることが出来ます。

お気軽にご利用ください!

≪ 前へ|不動産買取における6つのメリット   記事一覧   大分の空き家は、「空き家管理サービス」を利用しよう!|次へ ≫

トップへ戻る