大地不動産 > 株式会社大地不動産のスタッフブログ記事一覧 > 空室対策にはリノベーションがいいらしい!|大分の賃貸

空室対策にはリノベーションがいいらしい!|大分の賃貸

≪ 前へ|面倒な管理業務、どうすればいい?|大分で賃貸経営   記事一覧   住宅ローンは金利タイプで選ぶ!固定型と変動型はどう違う?|次へ ≫

賃貸オーナー様の中には、物件の築年数が経過して空室が増え、家賃収入の確保に悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

不動産投資ブームに乗って多くの新築アパート・マンションが建設されている昨今では、今後ますます空室が増え続ける可能性があります。

「築古物件で入居者が決まりにくい」とお悩みなら、空室対策にリノベーションで物件の差別化を図ってみてはいかがでしょうか。

 

大分の空室対策・リノベーションが効果的?


空室対策のリノベーションをするマンション


築古で老朽化した建物によって競争力が衰えた賃貸マンション・アパートには、外観や内装、設備の変更といったリノベーションの実施が効果的です。

通常のリフォームや原状回復工事では、清潔に改善されても「平凡な部屋」は「平凡な部屋」のまま。

それでは、空室対策の効果は期待できません。

 

築古のお部屋は、現代の入居者ニーズにマッチした「住みたい」と思われる部屋にリノベーションしましょう。

リノベーションすることで建物の経年劣化を緩やかにし、物件寿命が延びるため、収益を長期で維持することが可能になります。

 

大分の空室対策・リノベーションはターゲットを意識して


入居者ニーズを意識しすぎるあまり、リノベーションの方向性が決められない方もいらっしゃるでしょう。

趣味・趣向が幅広い現代の入居者に対しては、誰の心にも届かない「平凡な部屋」よりも、10人に1人の心に届く「個性ある部屋づくり」を意識するのがカギです。

例えばこんなリノベーションはいかがでしょうか。

 

白を基調とした室内の壁紙にはゴシック調の花柄を取り入れて、ロマンチック、かつゴージャスな雰囲気の部屋に。

個性的なオシャレを好む女性に訴求するデザインの部屋となるでしょう。

コンクリートむき出しの壁に鉄の配管をあえて見せ、男っぽい武骨なインテリアが生える部屋も人気のあるスタイルです。

リノベーションで個性ある部屋にすることで、特定のターゲットに絞ってアピールすることができます。

結果、平凡で誰にも響かない部屋のままにするよりも、有効な空室対策となるのです。

 

特にワンルームや1Kなどの単身者向け賃貸物件に住む方は、2年更新時に新しい物件に引っ越す傾向があります。

そのため、入居者はその2年間をどのように楽しく過ごせるかを意識しており、中には生活の利便性よりもデザイン性を重視する方も。

若い単身者はカフェでくつろぐ時間や、街に出て過ごす時間を大切にしており、自ら居住する部屋にもそうした趣向にあったデザイン性ある部屋を求める傾向があるようです。

 

大分の空室対策・賃料値下げは対策にはならない


空室対策のリノベーションがされていないアパート


何もせず、ただ家賃を下げるというのは本当の空室対策とは言えません。

空室対策で安易に賃料を下げることは、収益物件の投資効率を考えた時、最も避けたい手段の一つではないでしょうか。

リノベーションを行えば賃料を上げる事すら可能になり、長期的に見て投資効率も上がります。

 

人によっては、「立地が良くなければ、空室対策はしても無駄。早く売るに越したことは無い」という考え方もあるようです。

しかし、仮に相続などで受け継いだなどの理由から簡単に手放すことが出来ない物件の場合、リノベーションを行ってしっかりと空室対策をすることが重要となるでしょう。

 

おわりに


インターネットサイトでお部屋探しをされる方が多い昨今、美しくリノベーションされた物件写真は大きな訴求力があります。

そうした物件の内見希望者は増えており、空室期間の短縮に繋げることができます。

 

大分県日田市の不動産の事なら、大地不動産にお任せください。

アパート・マンションの空室でお困りのオーナー様へ、満室経営の実現に向けてプロの目から的確なアドバイスをいたします。

≪ 前へ|面倒な管理業務、どうすればいい?|大分で賃貸経営   記事一覧   住宅ローンは金利タイプで選ぶ!固定型と変動型はどう違う?|次へ ≫

トップへ戻る