大地不動産 > 株式会社大地不動産のスタッフブログ記事一覧 > 大分の空き家は、「空き家管理サービス」を利用しよう!

大分の空き家は、「空き家管理サービス」を利用しよう!

≪ 前へ|事前にチェックしよう!不動産売却の流れ   記事一覧   面倒な管理業務、どうすればいい?|大分で賃貸経営|次へ ≫

ここ大分での空き家数は89,900戸、空き家率は15.8%(平成25年住宅・土地統計調査より)。

全国の空き家率は13.5%で、5年前より0.4ポイント上昇、過去最高となりました。


現在、空き家をめぐるトラブルは全国で頻発し、大きな社会問題にもなっています。

「空き家を相続したけど、その建物に暮らす予定はない・・・」

そんな時、どうすればよいのでしょうか。

そのまま放置しておくと、様々なトラブルが発生する恐れも。


今回は、放置された空き家に起こりうる様々なリスクと、その対応策をご紹介します。

 

空き家管理サービス利用のススメ ~放置するとこんな問題が!~


空き家管理がされていない家


空き家や空き地を放置しておくと、こんなリスクがあります。


・建物の劣化が進む

人が住まない建物は通風がないため室内に湿気がたまり、畳やタンスなどの傷みが激しくなります。

また、カビが大量発生し、悪臭も。

気づかないうちに雨漏りやシロアリ被害が起きていれば、天井や床に穴が開くなど、さらに劣化は進んでいきます。

 

・防犯性の低下

誰も住んでいない家と分かると、壁に落書きをされたり、ごみを不法投棄される、不審者に住みつかれるといった懸念があります。

ごみ屋敷と化した建物は、不審者に放火されるリスクも。

 

・景観の悪化

放置されることにより建物の周囲は雑草が生い茂り、周辺の街並みの調和を乱す恐れがあります。

さらに、空き家自体の資産価値が下がるだけでなく、空き家周辺の物件の資産価値まで下げることも。

 

・損害賠償

老朽化した建物が倒壊して第三者に損害を与えた場合、その損害に対する賠償請求をされる可能性があります。

 

・税金がかかり続ける

空き家はたとえ誰も住んでいなくても、固定資産税や都市計画税などの税金は発生しています。

さらに2015年に施行された「空き家対策特別措置法」により、「特定空き家」に認定されると、固定資産税・都市計画税の住宅用地特例から外され、税金が約5倍にアップします。

 

空き家トラブル対策には、空き家管理サービスが安心


これまで見てきたように、空き家を放置しておくことは大きな問題があります。

また、管理が行き届かずに老朽化した建物は、数年後に住もうとした時や、賃貸・売却を考えた時、リフォームに多額の費用がかかるでしょう。

今すぐ使うつもりはない空き家でも、将来的な利用に備えてしっかり管理を行えば、建物の機能や資産価値を守ることができます。

「住まいが遠くて定期的に管理に訪れることができない」といった場合、「空き家管理サービス」を利用するのも一つの方法です。

 

空き家管理サービスの内容は?


空き家管理に必要な掃除道具


空き家管理サービスでは、巡回時に以下のようなサービスを行います。

 

・建物の通気・換気

全室を開放し、室内や押し入れなどの空気を入れ替えます。

 

 

・簡易清掃

建物内部の簡単な清掃を行います。

 

・通水

洗面台やキッチンの水栓を開放し、水を流すことで錆の付着防止、悪臭を予防します。

 

・傷みの有無の確認

雨漏りやカビの発生などがないか、確認を行います。

 

・建物状況の確認

建物の外壁や塗装の状況を確認します。

 

他にも、オプションにより庭木の剪定や草刈り、郵便物の転送などのサービスも行います。

定期的に巡回を行ってくれるので、ご自身でなかなか巡回することが出来ない方は、ぜひ利用すると良いでしょう。

 

大分の空き家管理サービスは大地不動産へ


今後も増え続けていくことが予想されている空き家。

空き家問題を解決するには、所有者の方の決断が必要です。

大地不動産では、空き家所有者の心に寄り添い、維持・活用の方法をアドバイスしています。

空き家は活用できれば、大きな財産となる可能性も秘めています。

大分の空き家のことなら、どんなことでも弊社にお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|事前にチェックしよう!不動産売却の流れ   記事一覧   面倒な管理業務、どうすればいい?|大分で賃貸経営|次へ ≫

トップへ戻る